長茎術の治療方法と費用について

男性生殖器の悩みはさまざまなものがあり、一人で悩んでしまうことが多いのが特徴です。
ペニスをもっと長くたくましくしたいと考えている人が受ける施術が長茎術です。
これは、実際に手術をすることで対処する方法と、サプリメントなどの服用での対処などがありますが、改善例は手術によるものが多いです。
ペニスを形作る陰茎海綿体は靱帯によって恥骨と結びついていますが、一部の靱帯をゆるめることで隠れていた海綿体を根元から引き出してサイズを大きくする方法が長茎手術です。
これには、メスを使わずに陰茎海綿体を引き出して糸で固定する簡易的な方法と、切開して引き出して固定する方法の二つがあり、根本的な効果と継続を求めるのならば切開する方法をおすすめします。
切開するので若干の傷は残りますが、陰毛に隠れてしまうので目立つことはありません。
手術に当たっては、皮膚表面の麻酔と深層部のブロック麻酔を併用して行うため、施術中の痛みは感じません。
術後当日からシャワーを浴びることができます。
術後10日ほどで抜糸を行い、約1ヵ月ほどは性行為を控える必要があります。
保険の適用を受けることはできず、費用は35万円ほどです。
今抱えている悩み事を一人で悩むことをせずに、信頼のおけるクリニックや医療機関を探してまずは相談をすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です